SLOTH & SMILE

★3児のパパが綴る「怠惰」と「笑顔」がテーマの子育て記録★

ママとパパの在り方を考えたらMARVEL映画に繋がったという話。

今ウチは嫁ちゃんと子ども2人の4人家族だけど、来年にもう1人生まれる予定だから5人家族になる。僕自身が一人っ子で賑やかな家庭に憧れがあったから5人家族というのはとても楽しみ。しかしながら仕事に家事に育児と毎日とても忙しい!子ども2人でさえ発狂する忙しさなのにもう1人増えたらどうなるんだ!という不安もあるのが正直なところ。個人的に思うのは子育てはこの世のどんな事よりも大変ってこと。まぁ父親の僕でさえこう思うぐらいだから母親は本当に偉大だと思う。ウチの場合だと家事や育児には母親でないと務まらないことも多くて、その負担は計り知れない。嫁ちゃんマジリスペクト。なので僕は父親としてできることはなるべくしたい。もちろんママや子どものためでもあるけど、それ以前に自分のために家事や育児をする。自分の居場所に堂々と居座るために家事や育児をする。だって自分が自分の居場所に堂々と居座ることが父親の威厳だと思うから(笑)僕のように低収入だとなおさらそういう気持ちは強い。まぁ収入と家事や育児は別なワケだけど、「家のことはお前に任せる」なんてもう昔話だと思う。そしてママとパパは常にチームでなければならないと思う。たまの喧嘩も同じ志があるからこその対立であるべき。マーベル映画のシビルウォー見た人は分かると思うけど、あれのアイアンマンとキャプテンアメリカみたいなもん。彼らはプロセスの違いで争いに発展したけど目指すものは同じ「平和」だった。ちなみに僕はアイアンマン派。

ママとパパも目指すものは同じ「子どもの幸せ」だったり「家族の幸せ」なはず。それを目指して役割分担・作戦会議・互いの援護をしっかりやっていくことが大切だと思う。喧嘩はあくまで過程であって、喧嘩が結果であってはいけない。嫁とは年寄りになってからも良き戦友として笑いあっていたい。そのために今を頑張ろう。