SLOTH & SMILE

★3児のパパが綴る「怠惰」と「笑顔」がテーマの子育て記録★

安産祈願は僕にとって大切な時間だという話。

昨日は嫁と一緒に安産祈願に行ってきた。

 

今回で3回目の安産祈願である。

 

1人目のときはまさかこんなにこの神社にお世話になるとは思いもしなかった。安産祈願に来ると「生まれてくる」という実感と「元気に出てきてくれ」という願いが今まで以上に強く沸き上がる。そして今回に関しては、そのどちらとも違う感情も沸き上がっていた。それは3人目の子どもに対するこんな思い。

 

「生まれてくるキミ、ウチに生まれてくるの相当ラッキーだよ?」

 

こう思える謎の自負心。ちょっとした「不安」もある、それでも「何とかなる」という思いもある。でも結局のところ僕の場合は家族が仲良くやっていれば強気になれるのだ。3人目に対して「ラッキーだよ」と自信を持って言える環境に暮らす僕は間違いなく幸せ者だ。家族みんなもそれぞれ幸せを感じてくれているだろうか?

 

今回もいつものようにお祓いと祈祷をしてもらい、その後向かったのは胎内くぐりの岩。妊婦がこの岩をくぐると安産になるということで、安産祈願に来たときはこの岩にも毎回お参りをしている。それにしても真のパワースポットは適当に写真を撮ってもそれらしさ満載な仕上がりになることに驚いた。

f:id:hulkuuga:20181115130253j:plain

 

こうして一連のお参りを終えて帰路についた。本来の僕は神とかそういった類のものには無関心なのだけど、安産祈願に関しては自分の気持ちを整理するための大切な機会だと思っている。そして3人目の誕生を改めて意識したときに、思わぬカタチで「今、自分は幸せなんだ」ということを強く実感できた。

 

「ありがとう、お腹の中のラッキーボーイ。」