SLOTH & SMILE

★3児のパパが綴る「怠惰」と「笑顔」がテーマの子育て記録★

「クリスマス発表会で感じたこと」という話。

土曜日に保育園でクリスマス発表会がありました。保育園の改装工事の関係で例年より少し早めの開催ということでした。長男も次男もこの日のために保育園での練習はもちろん、家に帰ってきても練習していました。そして本番、練習の成果を出し切りました。

 

長男に関して言えば、家での彼を見ていた僕からすると「もっとできるんだけどなぁ」と思いましたが、あれだけの保護者に囲まれていれば本領発揮できないのも無理はない!って感じです。まだ生まれて3年ぽっちです。出来なんかどうだっていいんですよね。彼なりにやったわけだしもうそれだけでベストパフォーマンス賞ですよ。奴はマラソン大会でも彼なりにやっていたっけ。あと彼はちょっとシャイなんで。

blog.sloth-and-smile.com

実際けっこう緊張してたよね?

まだ本気を出すときじゃない。

次男はというと、マラソン大会同様でサラッとこなしていました。兄弟でここまで違うものなんですね。でもまぁ僕からしたら何だっていいわけです。みんな自分のペースで成長しているのだから。奴らの成長に比べたら僕なんて多分もう成長が止まっちゃってますからね。僕も見習って何かしら成長していきたいと思わされました。

あんま緊張しなかった。

ホント強心臓だよね~。

 それと、行事とは関係ないけど保育士の給料をもう少し上げた方がいいんじゃないかと思いました。以前から思っていたことではあったのだけど今回改めて行事の様子を見ていて保育士はすごいなという気持ちにさせられました。今回のクリスマス会だけで考えても事前準備・当日の仕事や保護者対応は相当なものだし、なにより日々、子どもの命を預かるという責任はかなり大きいですよね。ある程度こちらの言う通りに動いてくれる子ばかりではないわけだし。子どもの人数に対する保育士の人数を考えれば仕事量や負担は半端ではないと思います。自然と組織力を求められ、そうすると人間関係でもかなり気を使うのではないでしょうか。決して「子どもが好きだから」という理由だけで務まるものとは思えません。僕は実際に保育士と幼稚園教諭の資格を持っていますが就職を考えたときに、そういった仕事量や負担に対して給料が割に合わないと感じ保育の道を断念した過去があります(それだけが理由ではありませんが)。保育士はいわゆる持ち帰りの仕事も多いので保育の道に進んでいたら今ほど育児参加できていたかも分かりません。それほど大変な仕事なのだから、今より給料を上げるべきです。見直しとかあったようですが、まだまだです。

 

長男と次男は帰ってきてから、とくに本番のことに触れるでもなくいつもの日常に戻りました。こちらから長男に話を振ると少し照れていました。こういったことに関しては本当に長男はシャイなんですよね。次男もそのうち長男のような感じになっていくのかな?それともまた違うタイプに育つのかな?子どもたちがもらってきたプレゼントのお菓子を食べながらそんなことを思いました。←お前が食うんかい。

 

そんなこんなで長男、次男、あと保育士の皆さん、お疲れさまでした!