SLOTH & SMILE

★3児のパパが綴る「怠惰」と「笑顔」がテーマの子育て記録★

「探し物も子育ての一つ」という話。

子どもは急に思い出したかのように何かを要求してくる。昨日は長男が「レゴを出せ」と要求してきた。そしてそれというのがレゴ専用ケースの中のパーツと混ざらないように別の場所に保管しているレゴだった。

 

blog.sloth-and-smile.com

 

なぜ別の場所に保管していたかというと、そのレゴは少量ではあるが頂き物ではなく長男に新品で買い与えたものだったからだ。最終的にごちゃ混ぜになるにせよ、とりあえずは「新品で買うものは別のケースに・・・」という僕の勝手な意思でそうしたのだった。

 

そしてあろうことか僕はそれをどこにしまったか忘れてしまっていた。長男にそれを出せと言われて探し始めたのだけどなかなか見つからない・・・。そう、こういう場合すぐに見つからないのが探し物というものだ。

 

「なんで急にそれ欲しがるかなぁ」「家の中ちらかってんなぁ」とか少しイラつき始めながらも懸命に探すが全く見つからず。長男は見つからないことを楽しんでいるようにも見えた。「あったぁ?」「早く~」などとニヤつきながら煽ってくる。もしかしてコイツはすぐに見つからないことを最初から分かっていてそれを欲しがっているのか?

 

夕飯後から風呂に入るまでの貴重な時間を30分は費やしただろうか。それはようやく見つかった。

 

それは、G-SHOCKの空箱に入れられていた。

 

腕時計のケースはけっこうしっかりした作りになっていて、大きさも少量のレゴを入れておくのにはピッタリのサイズだ。過去の僕はそのことを発見してこの箱を一時的なレゴの保管場所に選んだのだろう。そんな過去の僕に言いたいことがある。

 

余計な事してんじゃねぇよ。